HOME

ようこそ、杉浦恵子の韃靼そば茶のホームページへ

物語其の一 韃靼そば茶の誕生

悲しみの中から立ち上がる

お母様が病気にならなければ、お茶を作らなかったかもしれない。お母様が病気になられたことにも意味があったと思います。

杉浦恵子の韃靼そば茶

母が亡くなり、意気消沈していたころ、成城石井のバイヤーさんから お悔やみのメールをいただきました。
「この世の中、森羅万象無駄なものはなく、杉浦さんのお母様が病気にならなければ、お茶を作らなかったかもしれない。 お母様が病気になられたことにも意味があったと思います。 大きな力に導かれていると思います。どうぞこれからもお母様のような方たちの為に、品質の良い お茶を作り続けてください。」
また、静岡のお茶屋さんにも「あなたはここでやめてしまうのですか?お母さんはいいものだとおっしゃった。 今度はお母さんと同じような病気の人のために作り続けるべきです。私たちも、ひとりの人の情熱で物を作るという 真心を教わりました。ですから作り続けてください。」と言ってくださったのです。

こうした方たちの言葉が、私を悲しみの中から立ち上がらせてくれたのです。

いつもたくさんの方に励まして応援していただき、お茶を作ることができました。 そして私なりに頑張ってこられたのも、病気の母のためにと いう想いと、苦労して志半ばで亡くなった友人に対して「生きている者は精一杯生きなければならない」 という気持ちを常に持っていたからだと思います。
母の為に作った「杉浦恵子の韃靼そば茶」より多くの皆様にお届けしたいと思っています。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C)syueri ALL RIGHT SRESERVED